くじら汁用のクジラの皮下脂肪をインターネットで買う方法


知らない人は知らないけれども知ってる人は知っている。

一部の日本人はクジラの皮下脂肪を味噌汁に入れて食っていたのです。

新潟地方では、クジラ汁と言えば真夏の定番の汁物であり、夏を乗り切るためのスタミナ源だったのです。

なんでも手に入るこの時代に、わざわざクジラを食べなくても。海外からも批判されているしってご意見もあるわけですが、カラダに沁みついた「クジラの皮下脂肪を入れた味噌汁を食べたい」とゆー欲求は消えないのであります。

数年前までは、楽天市場でもクジラの皮下脂肪をはじめとして鯨肉もいろいろ売っていたのです。

でも、2014年4月に、楽天市場は各店舗に通達を出し、自主規制を始めました。

勇み足ではないかとの批判もありましたが、あれ以来、鯨肉が楽天市場で売られることはなくなりました。

でもですね。
yahooショッピングでは、多くの店舗が鯨肉を販売しています。

たとえば、クジラ汁用の塩クジラ(クジラの皮下脂肪)はこれ。

yahooショッピングのお店です。


くじら汁用塩鯨

ほかにも、こちらはヒゲ鯨の塩皮↓


ヒゲ鯨の塩皮

ネットでクジラを買うなら、yahooショッピングですよ。



タグ:クジラ汁

食文化か環境保護か。鯨を喰うか夏バテするか



クジラを巡る世界的論争描く、日本人監督初の本格ドキュメンタリー映画が作られようとしています。

こーゆー視点も必要ですね。




鯨を喰うのは日本の食文化。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。